任意売却情報紹介サイトのメイン画像

任意売却と言うのは、家を建てるために利用した住宅ローンの支払が困難になって滞納している時に取れる最善といってもよい手段の一つです。

任意売却をしてリスタートしよう

任意売却と言うのは、家を建てるために利用した住宅ローンの支払が困難になって滞納している時に取れる最善といってもよい手段の一つです。

住宅ローンは利用する際に、今後の返済計画を立てるものですが、長期に渡る返済期間の場合が多く、確実に返済していけるかといえば、事情によって返済が厳しくなると言う可能性もあります。

任意売却はどの様なケースの場合に利用できるのかと言えば、返済が厳しくなりそうと言う予測している時点では承認されることが少なく、実際に滞納する回数が増えてきてから考えられる手段となります。

住宅ローンの返済が大体六ヶ月程度滞ってしまうと、債権者は対象となる不動産を競売にかける準備を始めて行きます。

競売の入札がスタートするまでには大体四ヶ月から六ヶ月程度かかるものですが、任意売却をしたいというのであれば、この競売のスタートするまでのタイミングに行わなくてはなりません。

競売の入札がスタートしてしまうと、任意売却はできなくなりますので注意する様にしましょう。

たとえば任意売却支援機構が運営する任意売却119番のように無料相談を行なっている機関もあります。

競売で家を手放すのか?それとも任意売却で家を売却するのか?という選択肢において、絶対的に任意売却の方が高値での売却が期待できます。

すでに住宅ローンが返済できないと言う経済状況下にあるのですから、できるだけ手元に残る借金は減らしたいと考えるはずです。

生活を立て直すためにも、タイミングを逃すことなく任意売却ができる様に、然るべきところに相談し、最善の方法を取る様にしていきましょう。